東洋医学(予防医学)

東洋医学(予防医学)

Oriental Medicine

東洋医学(予防医学)

下記の症状の方におすすめします。

  • アトピー性皮膚炎
  • 胃・十二腸潰瘍
  • 風邪
  • 肩こり
  • 花粉症
  • ガン
  • 肝炎・脂肪肝
  • 気管支ぜんそく
  • 関節炎
  • 虚弱体質
  • 下痢
  • 高血圧症
  • 更年期障害
  • 口内炎
  • 歯周病
  • 心不全
  • 腎臓病
  • 生理痛・生理不順
  • 前立腺肥大
  • 胆石症
  • 痴呆症
  • 痛風
  • 疲れ目
  • 低血圧症
  • 動脈硬化
  • 白内障
  • 冷え性
  • 貧血
  • 肥満
  • 不眠症
  • 勃起不全
  • 慢性便秘
  • 骨粗鬆症
  • 糖尿病
  • 脳卒中
  • めまい・耳鳴り
  • 偏頭痛
  • 膀胱炎

予防医学とサプリメント

食材類イメージ

自分で健康を管理するセルフメディケーション(自己治療)という考え方が世界中で注目され始めています。
サプリメント(栄養機能食品)を上手に使ったり、自己チェックで生活習慣病を予防したりする方法です。
予防医学の見地から開発されたサプリメントは、科学的に作られたビタミン剤とは違い、野菜や果物、ハーブ等から抽出した天然成分を使用しているので体に吸収しやすく、また、副作用が全くありません。

当病院では天然植物成分を使用し、世界最先端の技術で研究開発された高品質なサプリメント(SOD様作用食品)を取り扱っております。
お一人お一人のニーズに合わせたセルフケアをご提案させていただきますのでお気軽にお問い合わせください。

恐ろしい活性酵素

サプリメントイメージ

あらゆる病気を引き起こす原因となる活性酸素は、食品添加物、紫外線、電磁波などによって体内に発生します。
その活性酸素から身を守り、健康な生活をする為の解決策はバランスのよい食生活を心掛けることですが、生活習慣の変化や多忙な現代社会では難しいことが多いのです。

ですから、不足しがちな抗酸化物質、ビタミンやミネラル等をサプリメントで補うことが現代人に必要となってくるのです。

サプリメントの主な成分

サプリメントを日頃の食生活にプラスして、病気を積極的に予防し、より高いレベルでの健康管理を目指しましょう。

ビタミン

体のコンディションを維持するために、欠くことのできない有機物です。
ほとんどが人間の体では合成できないものなので、食物、または栄養補助食品から摂取しなければなりません。ビタミンは現在、30種類以上あり、脂溶性ビタミンと水溶性ビタミンに分類されています。

ミネラル

ミネラルとは身体組織の構成成分として不可欠な無機物で、体内にイオンとして存在しています。
現在知られているものには、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、銅、亜鉛、セレン、マンガン、塩素、等を含む約20種類です。
ミネラルはビタミンと一緒に摂ることによって効果を発揮します。

植物性栄養素

植物性栄養素とは植物から得られる栄養素のことです。
例えばアロエのアロエマンナン、トウガラシのカプサイシン、コケモモ果実の成分アントシアニンや高麗人参のサポニンのように、健康保持・増進のために働きかける植物特有の成分のことをいいます。

ハーブ&スパイス

体に有益な植物(草や木の葉、花等)を総称してハーブと呼びます。
独特の芳香と味があり、料理や化粧品にも使われています。
欧米では古くから伝わるハーブがたくさんあり、リラクゼーション効果のあるマリーゴールドや免疫力を強めるといわれるエキナセア等さまざまな用途に合わせて使い分けられています。

食物繊維

健康に重要な役割を果たす栄養素です。
主な物に野菜・果物などの植物の細胞壁に含まれるセルロース、海草類に含まれる多糖類、コンニャクのマンナン、リンゴや柑橘類果皮に含まれるペクチンなどの植物由来の物の他、カニやエビなどの甲殻類に含まれる唯一の動物性食物繊維であるキチン・キトサン等があります。

その他

アミノ酸の一つであるアルギニンやイワシ・サバなどの青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)、豆類、バナナ、蜂蜜などに存在する糖類のフラクトオリゴ糖などの他、体に有効な酵母等があります。